mother_game_01

今日は7月27日。日本では「スイカの日」らしいですね。スイカの模様を綱【2(つ)7(な)】に見立ててるんだとか。う〜ん、ちょっと苦しくはなかろうか。それはさておき。今日はどんなソフトが誕生したのか、今回もサクッとご紹介いたします。

 

『MOTHER』


7月27日は任天堂より、あの名作RPG『MOTHER』が発売された日です。発売日は1989年7月27日、今から27年前の作品です。ジャンルはコマンド式のRPG。当時としては珍しく、1988年のアメリカが舞台になっています。アメリカ映画や音楽のオマージュも多く見受けられます。特徴はなんといっても糸井重里氏がゲームデザインを手掛けたというところでしょうか。今作のキャッチコピー「エンディングまで泣くんじゃない」「名作保証」などのキャッチコピーも有名ですね。キャッチコピーは糸井氏のものではありませんが。

世界観やゲームシステムなど、今見てもなかなか斬新です。フライパンやバットが武器だったり、お金はキャッシュカードで手に入れたりパパと電話をしてセーブしたり。ゲームを進めていくと汽車にも乗ることができます。さらにはチケットを高額で売りつけるダフ屋が存在したり、少年である主人公が飲酒をすると捕まったりもします。従来のRPGのように民家に入ってアイテム探し、なんていうこともできません。なんともリアリティのある世界観。

ゲーム音楽に関しても評価が高く、今もファンに愛されています。ゲーム内でメロディを8つ集めると、一つの曲になるなど、とても素敵な演出も。
また、ポケモンの生みの親であるゲームフークの田尻氏もこのシリーズに影響を受けており、「ポケモンシリーズ」にその影響が反映されています。

mother_game_02

mother_game_03

mother_game_04

 

現代のアメリカという珍しい世界観、斬新なゲームシステム、糸井氏の独特のセリフ回し、ノスタルジックで暖かみのある雰囲気など、「名作保証」のキャッチコピーに偽りない作品。シリーズ通して名作だと思います。現在はバーチャルコンソールでも遊べるので、未プレイの方はこの「名作保証」の作品をプレイしてはいかがでしょうか?

 

対応機種:ファミコン
ジャンル:RPG
開発・発売:任天堂
リリース日:1989年7月27日
価格:6,500円 バーチャルコンソール:617円