koukaku_kidotai_00

今日は7月17日。世間は3連休中ですね。楽しんでますか?子供たちは3連休があって、そのあとすぐに夏休みに突入だなんて、うらやましいすなぁ。まぁ、それはさておき。本日はどんなゲームが誕生した日か、サクッと振り返ってみましょう。

 

『攻殻機動隊 GHOST IN THE SHELL』


本日7月17日は『攻殻機動隊 GHOST IN THE SHELL』が誕生した日です。今から19年前の1997年にリリースされました。「攻殻機動隊」のゲームはたくさん出ていますが、今作が初めてゲーム化された作品になります。当時のCMの中で「ゲーム化は不可能だと思われていた」みたいなナレーションが入るぐらいですからね。当時中学生のボクは「それだったら一体どんなゲームになっているんだろう」と興味を持ち、まんまと購入してしまいました。中学生が購入するには少々勇気がいるパッケージデザインで、親にバレないように買った記憶があります。ちゃんとしたゲームなのに…

 koukaku_kidotai_06

 

ゲームの内容はタチコマに乗った3Dシューティングアクションゲーム。しかし、最大の特徴は壁や天井に張り付いてのまさに縦横無尽なアクション。立体的な戦略やアクションが楽しめます。また、美麗なアニメーションムービーも特徴のひとつ。特にオープニングムービーがムチャクチャ格好いい。ついつい何度も観てしまうくらいです。

koukaku_kidotai_02

koukaku_kidotai_03

koukaku_kidotai_04

koukaku_kidotai_05

そしてもう一つの特徴は「3D酔い」してしまうということ。壁や天井に張り付いたり、目まぐるしく視点が変わったりするので、特にひどいです。苦手な人には100%おススメできません。ボクの友人は全員アウトでした。ボクはわりと大丈夫な方なんですが、それでも慣れるまではちょっとしんどかったですね。

 

今作のキャラクターが映画やアニメとの声優さんが違うので、原作のファンの間では賛否がわかれるみたいです。ボクは結構アリだと思うんですが。原作ファンにおススメしたいけど、乗り物酔いする人にはあまりおススメできない、なかなか複雑なゲーム。

 

対応機種:PlayStation
ジャンル:シューティング
開発・発売:ソニー・コンピュータエンタテインメント
リリース日:1997年7月17日
価格:7,980円(税抜)