final_fantasy_01

三連休はもう終わり。楽しみましたか?今日は7月19日です。15年前の今日はあの超人気シリーズの10作目が発売された日。それまでのシリーズの世界観やシステムを一新した、シリーズとしても「生まれ変わった日」なんです。

 

『ファイナルファンタジーX』


2001年の7月19日はFFシリーズの10作目、『ファイナルファンタジーX』が発売された日でした。シリーズ初のPS2でリリースされた作品でもあります。それまでのシリーズ通しての世界観は主に中世のヨーロッパ風、もしくはファンタジー色の強かったですが(一部例外はありますが)、今作は現代風というか、近未来のイメージが強い世界観になっています。
キャラクターも主人公がサーファーの兄ちゃんみたいで「そうきたかー」と当時思いました。この作品から今のFFシリーズはホストやキャバ嬢みたいなキャラクターになったんじゃないでしょうか。また、そのキャラクターボイスを採用されているのにも驚きました。映画的な演出という事なのでしょうか?それまでの主人公=プレイヤーの分身という遊び方じゃないんだな〜と。

当時のCMが恋愛を強くイメージするような作りだったので「今度のFFはRPGであることを捨てた!!こんなのFFじゃねぇ!!」と1人憤慨してましたが、実際重厚でしっかりしたストーリーでした。シリーズでも屈指の出来だという声もあります。
グラフィックに関してはもはや言うまでもないと思います。PS2の中でもトップクラスにグラフィックがキレイです。さすがスクウェア。

final_fantasy_02

final_fantasy_03

final_fantasy_04

final_fantasy_05

 

今見ても感心するほどキレイなグラフィックですね。驚きです。HDリマスター版が出ているので、未プレイの人はそちらがおススメです。個人的には『ファイナルファンタジーX』以前のシリーズ作品が好きですが…

 

対応機種:PlayStation2
ジャンル:RPG
開発・発売:スクウェア
リリース日:2001年7月19日
価格:9,240円