clock-tower_01

今日は9月14日ですね。調べてみると、女性から別れ話を切り出してもよいとされる日、セプテンバーバレンタインなんだとか。初めて聞いたわ。まぁ、それはさておき。今日はどんなソフトが誕生したのか、今回もサクッとご紹介いたします。

 

 

『クロックタワー』


今日はヒューマンよりスーパーファミコン用ソフト『クロックタワー』が発売された日。発売日が1995年9月14日ですから、21年前のソフトですね。ゲームの内容は殺人鬼からの逃走劇を主軸にしたアドベンチャーゲームです。

 

■ストーリー

北欧の山間にひっそりとたたずむ屋敷があった。主人の名はバロウズ。屋敷には高くそびえる時計塔があり、土地の人々はその鐘の音を合図に放牧を行ったものである。いつしか土地の人々はこう呼び習わしていた。CLOCK TOWER ―時計塔屋敷―と。しかし、ある日時計塔の鐘の音は途絶えてしまう。まるで時を無くしてしまったかのように。
1995年――
とある孤児院にひときわ目立つ美少女を見いだす事が出来る。名は、ジェニファー。5才の時父は失踪、その後母親とも死に別れ、孤児院に引き取られたのである。そしてある日、彼女と友人達3人の養育先が見つかったという知らせが入った。彼女は引率してくれる教師メアリーと3人の友人達と共にその養育先へ向かう。そこがCLOCK TOWERと呼ばれる屋敷とも知らずに……。

 

よくあるホラーゲームのプレイヤーが主人公を操作するというより、どちらかというとプレイヤーはホラー映画の鑑賞者という独特の視点からホラー演出やゲーム性を構築しているのが特徴です。この間接的にしか指示を出すことができない「もどかしさ」が、スリルと恐怖をより引き立たせてくれます。

また、今作の代名詞でもある「シザーマン」。バスタブの中から出てきたり、天井裏やエレベーターの中などに現れたりとまさに神出鬼没。いつ襲われるかとプレーヤーをハラハラさせてくれます。

主人公が「ジェニファー」というか弱い女の子という点も恐怖心を煽ります。時にワイルドな行動もしますが。14歳の少女が車を運転して脱出しようとするのを見て驚いたのを覚えています(しかも結構うまい)。

clock-tower_02

clock-tower_04

clock-tower_03

 

 

まるでホラー映画を見ているかのような『クロックタワー』。最新ハード機のグラフィックにはかないませんが、これはこれでなかなか味がありゲームの雰囲気に合っていると思います。ゾンビやクリーチャーをなぎ倒すようなゲームには飽きた、という人にオススメしたい作品です。

 

 

対応機種:スーパーファミコン
ジャンル:アドベンチャー
開発・発売:ヒューマン
リリース日:1995年9月14日
価格:11,400円(税別)