fun_01

『Pokemon GO』がリリースされて3日が過ぎました。まさに日本中がポケモン熱に浮かされている状態ですね。残念なことにトラブルも頻発しているようです。まぁ、予想はしていましたが…ボクも夢中にプレイしている真っ最中です。しかし、ここでひとつの疑問がわき起こりました。本当に楽しめてプレイできているのかと。

 

軟弱な精神力では楽しめない


『Pokemon GO』の醍醐味と言えば外でポケモンを見つけたり、ジムでバトルをすることでしょう。しかし、以前も書きましたが、周りの目が気になって外でスマホを出す勇気がなかなかない。最初は「きっとみんなが『Pokemon GO』をするようになれば大丈夫なはずだ」と思っていたのですが、やっぱりダメでした…
いつまでたってもこそこそプレイ。ポケモンが見つかれば電話するふりをして取り出したり、ポケストップの近くでスマホを出すとモロバレなので反応するギリギリの距離で立ち止まってポケストップ回したり。何という軟弱なプレイスタイル!!こんなんじゃあ満足に楽しんでいるとは言えませんね…最近テレビでよく見る「よっしゃぁ、〇〇ゲットした〜!!」なんて騒いでいる若者の様子が流れますが、正直うらやましいです。
周りにどう思われるかとか、恥ずかしいかもなんて小さなことをいちいち気にしてたらダメ、損します。

 

バカになったもの勝ち


ゲームアプリというよりも、もはやイベントと捉えた方がいいかもしれません。一夏のお祭りイベント。お祭りはバカになって楽しんだもの勝ちです(もちろんマナーは絶対守らなければいけませんが)。「『Pokemon GO』を街中でやってて異常な光景だ」という人もいますが、お祭りイベントと思えばまだ納得できるかもしれません。
そう考えるとボクが『Pokemon GO』を100%楽しめない理由もなんか分かります。元々お祭りとかイベントとかノれないタイプだったもんな〜…

 

普段全くゲームをしない人たちまで熱中しているというのが驚きです。ボクの周りの人も最初は「『Pokemon GO』とか何が面白いの!?」なんていってましたが、今ではドップリですもん。ボクよりもハマってます。本人たち曰く「別にハマってるワケじゃない」と言いますが…きっと彼らもこのお祭りイベントを楽しんでるんだと思います。「いい大人が夢中になってバカバカしいわ」というバカになれない人には理解できないのもムリないでしょう。

多分こんなブームは一時的なものなんですから、どうせだったらバカになってみませんか?