majo_to_hyakkihei_10

日本一ソフトウェアから2017年冬に発売が予定されているダークファンタジー・アクションRPG『魔女と百騎兵2』。前作『魔女と百騎兵』は2013年にPS3で発売され、そのダークファンタジーの世界観と多彩なアクションで話題になりました。

今回は『魔女と百騎兵2』のゲーム内容について、紹介したいと思います。

 

 

『魔女と百騎兵2』って?


majo_to_hyakkihei_01

majo_to_hyakkihei_02

今作は『魔女と百騎兵』の続編となる完全新作アクションRPG。「魔女と病」をキーワードに物語が描かれており、チェルカという魔女とそれを追う少女アマリエを中心にストーリーは展開していきます。

プレイヤーはチェルカの使い魔「百騎兵」となり、幻想的でどこか退廃的な世界を冒険していきます。

 

 

ゲームシステム


majo_to_hyakkihei_03

majo_to_hyakkihei_04

前作『魔女と百騎兵』で好評だったアクション要素を大幅にパワーアップし、本作ではより戦術的で爽快感のあるアクションが楽しめるようになっています。小さな魔物との集団戦や大型の魔獣との一騎打ちなど、バトルのシチュエーションも様々です。

バトルフィールドも木々の生い茂る森や鳥人が潜む荒野、雪で彩られた極寒の世界など、幻想的で美しいステージが多数用意されています。

 

 

ストーリー


majo_to_hyakkihei_11

少女のみがかかる不治の病、「魔女病」
発病した者には、その証として強大な力を宿す眼が額に宿る。そして、その眼が開いた時、少女は己を失い、欲望のまま破壊を尽くす「魔女」となる。

魔女病により退廃した世界「ケヴァラ」。人々は魔女を恐れ生活をしていました。辺境の村に住む少女「アマリエ」も魔女によって両親を失い、唯一の肉親である妹「ミルム」とともに慎ましい生活を送っていました。

そんなある日、ミルムが突然と姿を消します。アマリエは懸命にミルムを探しますが、どこにも彼女の姿はありませんでした。誰もがミルムのことを諦めかけたその時、泥だらけの姿でミルムが村に戻ってきます。

彼女のその手には、大好きな姉へのプレゼント「マナの花」。そして、その額には両親の敵である魔女の瞳を宿して……

 

 

キーワード


■魔女病
10歳以下の子供が発症し、原因・治療法は不明。魔女病に感染した者は、額に第三の眼が現れ、その眼が開くことで魔女として覚醒する。魔女化した人間は、人としての自我を失い、周囲に災害級の被害をもたらすこととなる。

 

■百騎兵
古より伝わる物語に登場する魔神。百騎兵を題材にした絵本なども出版されており、子供たちにとっては慣れ親しんだ英雄。

 

■ケヴァラ
魔女病により荒廃した世界。魔女を討伐するために結成された組織「WR(ヴァイスリッター)」によってかろうじて平和が保たれており、人々はその庇護の下、慎ましい生活を送っている。

 

 

登場キャラクター


チェルカ

majo_to_hyakkihei_05

ミルムが魔女として覚醒した姿。自由を旨とし、傍若無人にふるまう。強大な力を持つものの、覚醒が不完全であったために、ふとした拍子にミルムに戻ってしまう。

 

アマリエ

majo_to_hyakkihei_06

ミルムの姉で魔女に対抗する組織WR(ヴァイスリッター)に所属している。ミルムのことを何よりも大切に思っており、魔女となってしまったミルムを守るべく組織を欺いていくことを決意する。

 

ミルム

魔女病を患った少女。治療のための手術を受けるも失敗し、魔女として覚醒してしまう。自分のために無理をする姉をとても心配に思っている。

 

百騎兵

majo_to_hyakkihei_08

プレイヤーの分身となる魔法生物(マナニア)。言葉を理解しているようだが、話すことはできず、意思疎通は肯定・否定などの簡単なもののみ。

 

フニンムギン

majo_to_hyakkihei_09

もともとはミルムが餌付けしたカラスで、チェルカによって使い魔に帰られた。オネェ言葉で話し、拠点では執事として家事全般を引き受けている。

 

 

商品概要


商品名  :魔女と百騎兵2
対応機種 :PlayStation®4
発売日  :2017年冬予定
価格   :未定
ジャンル :ダークファンタジー・アクションRPG
発売・販売:日本一ソフトウェア
CERO 表記:審査予定
公式サイト:http://nippon1.jp/consumer/majo100_2/