majo_to_hyakkihei_sale_01

日本一ソフトウェアからリリースされるダークファンタジー・アクションRPG『魔女と百騎兵2』が、2017年2月23日に発売されることが決定しました。

価格は通常版が7,200円+税、初回限定版が10,200円+税、ダウンロード版が6,171円(税込)になります。

 

 

限定版情報


【初回限定版同梱物】

majo_to_hyakkihei_sale_02

1.にいてんご「チェルカ」
主人公の一人「チェルカ」を可愛らしくデフォルメした特製フィギュア。

2.アートブック(B6変形、A4ページ)
キャラクター設定画や、ゲーム内・販促で使用されたイラストを収録した貴重な資料集。

3.オリジナルサウンドトラック(音楽:佐藤天平)
佐藤天平氏作曲の、本タイトルの魅力的な音楽を詰め込んだ2枚組サウンドトラック。

4.ダウンロードコンテンツ「チェルカの剣&便利なアクセサリ」
チェルカの剣を模した百騎兵用の武器と、全状態異常耐性が上昇するアクセサリがセットになったダウンロードコンテンツ。

5.描き下ろし専用ボックス

※初回限定版の数には限りがあります。ご予約はお早めに。

 

 

『魔女と百騎兵2』概要


majo_to_hyakkihei_01

majo_to_hyakkihei_04

今作は『魔女と百騎兵』の続編となる完全新作アクションRPG。「魔女と病」をキーワードに物語が描かれており、チェルカという魔女とそれを追う少女アマリエを中心にストーリーは展開していきます。

プレイヤーはチェルカの使い魔「百騎兵」となり、幻想的でどこか退廃的な世界を冒険していきます。

本作ではより戦術的で爽快感のあるアクションが楽しめるようになっています。小さな魔物との集団戦や大型の魔獣との一騎打ちなど、バトルのシチュエーションも様々です。

 

 

ストーリー


majo_to_hyakkihei_11

少女のみがかかる不治の病、「魔女病」
発病した者には、その証として強大な力を宿す眼が額に宿る。そして、その眼が開いた時、少女は己を失い、欲望のまま破壊を尽くす「魔女」となる。

魔女病により退廃した世界「ケヴァラ」。人々は魔女を恐れ生活をしていました。辺境の村に住む少女「アマリエ」も魔女によって両親を失い、唯一の肉親である妹「ミルム」とともに慎ましい生活を送っていました。

そんなある日、ミルムが突然と姿を消します。アマリエは懸命にミルムを探しますが、どこにも彼女の姿はありませんでした。誰もがミルムのことを諦めかけたその時、泥だらけの姿でミルムが村に戻ってきます。

彼女のその手には、大好きな姉へのプレゼント「マナの花」。そして、その額には両親の敵である魔女の瞳を宿して……

 

 

商品概要


majo_to_hyakkihei_spec

商品名  :魔女と百騎兵2
対応機種 :PlayStation®4
発売日  :2017年2月23日(木)
価格   :通常版:7,200円+税
初回限定版:10,200円+税
ダウンロード版:6,171円(税込)
ジャンル :ダークファンタジー・アクションRPG
発売・販売:日本一ソフトウェア
CERO 表記:C(15才以上対象)
公式サイト:http://nippon1.jp/consumer/majo100_2/