friend_game_01

あなたはゲームを一緒にプレイできる友達がいますか?いるという方は悪いことは言いません、一生大切にしてください。

ボクの周りには共にゲームをプレイできる友人がいません。正確にはゲームを卒業してしまった友人ばかりなのです。たまに会って話をしたら「もう随分ゲームしてないなぁ」とか「もうゲームにお金使うのもったいなくて」などと言う始末。一体いつの間にそんな大人になってしまったんだ…確かに言い分はもっともですが、なんだかものスゴく寂しい…

 

これからゲーム仲間を作ろうという甘い考え


だったらこれからゲーム仲間を作ればいいじゃないか!というナイスなアイディアを閃きました。具合がいいことに同世代のママ友&パパ友のバーベキュー会みたいな集まりがあったので、ウチの家族も参加したんです。が、これまた甘い考えでした。

ゲームをやるパパが1人もいなかったんですね。予想外でした。こんなにもパパゲーマーの肩身が狭いとは…「ゲーム、面白いですよ〜」なんて勧める度胸もなく、ただただ皆の会話に楽しげに相づちを合わせるという惨憺たる結果に。その日は飲み慣れていないワインをしこたま飲んで、ぐでんぐでんに泥酔した状態で帰宅するというハメに。

ボクは自営業で仕事をしているので、そういう世間一般のパパ達のゲーム事情を把握していなかったみたいです。確かに仕事に子育て、仕事上の付き合いなどなど、よっぽど好きじゃないとゲームやるのは難しいよなぁ、と改めて考えさせられました。

 

失くして気づく、仲間の大切さ


子供のころは友達と一緒にゲームで遊ぶということは当たり前の事だと思っていました。しかし、そういうゲーム仲間がることでゲームを楽しくプレイすることができたんだなぁと、失った今、痛感させられました。

だから今現在、一緒にゲームをする仲間がいる人は、大切にしてください。「あいつはポテチ食った手でコントローラー触るからもう一緒にゲームやんない」という人は許してあげて下さい。それもきっといい思い出になる日が来るでしょう。多分。

ボクもあきらめずにゲーム仲間を作っていきたいと思います。ネットのフレンドを作ってみるかー。