horror_game_01

もう7月になりすっかり暑くなりました。いや〜早い。夏の風物詩といえば海にスイカにホラーゲーム。そこで今回は暑い夏にやりたい、おススメのホラーゲームを紹介したいと思います。

 

01.『SIREN』(PS)


まずはソニー・コンピュータエンタテインメントの『SIREN』シリーズ。PS2、PS3で発売されています。ホラーゲーというと舞台が洋風というのが多いんですが、本作は珍しく日本が舞台。だから余計に怖いんです。それに加えて敵は強くプレイヤーは弱い、という見つかればやられるかもしれないという緊張感もあって、ドキドキさせられっぱなしです。CMもこわすぎて放送中止になったのは有名ですね。

ジャンル:ホラーアドベンチャー
対応機種:プレイステーション2
発売・開発元:ソニー・コンピュータエンタテインメント
発売日:2003年11月6日
価格:6,090円

 

02.零 ~濡鴉ノ巫女~(Wii U)


テクモより発売された零シリーズの最新作。Wii Uで発売されています。こちらも和風ホラーゲーですね。最大の特徴は怨霊を「射影機」というカメラで撮影することで退治するというシステム。「射影機」を使用する際は一人称視点になるので、いやでも霊を直視しなければいけません。今作ではWiiuパッドを「射影機」に見立てて操作するんですが、まるで本当に自分が「射影機」を持っているような気分に。上手い事考えたなぁ。

ジャンル:ホラーアクションアドベンチャー
対応機種:Wii U
発売・開発元:任天堂、コーエーテクモゲームス
発売日:2014年9月27日
価格:6,600円(税別)

 

03.クロックタワー(SFC)


ヒューマンより発売されたホラーゲーム。こちらは北欧が舞台。主人公である少女ジェニファーを指示を出して導いてあげる、という操作スタイル。か弱い主人公&関節的にしか指示が出せないので、敵と遭遇したり、逃げる際にはとてもハラハラさせられます。敵である「シザーマン」が、いつどこで襲ってくるか分からないという緊張感も。バーチャルコンソールで配信しているので、未プレイの人は一度挑戦してみては?

ジャンル:アドベンチャー
対応機種:スーパーファミコン
発売・開発元:ヒューマン
発売日:1995年9月14日
価格:11,400円(税別)
バーチャルコンソール:【Wii】2010年8月3日/800Wiiポイント【WiiU】2013年11月6日/800円

04.バイオハザード(PS)


カプコンより発売のおなじみのシリーズ。サバイバルホラーというジャンルを確固たるものにした作品といえるでしょう。襲いかかるゾンビやモンスターを倒したり、様々な謎を解いたりして舞台である洋館から脱出するというゲーム。サバイバルホラーということで敵を倒しながら進めて行くのですが、ほとんどの武器や回復アイテムには数に限りがあり、使いどころを見極めるのも重要になってきます。バイオハザードシリーズはたくさんありますが、やはりこの1作目が一番の名作でしょう。

ジャンル:サバイバルホラー
対応機種:プレイステーション
発売・開発元:カプコン
発売日:1996年3月22日
価格:5,800円

 

05.DEMENTO(PS2)


こちらもカプコンから発売のゴシックサイコホラー。クロックタワー3の続編として作られる予定だったらしく、似たようなシステムや雰囲気が漂います。特徴は「しつこく追ってくる敵」。マップ上に何体か敵が徘徊しており、大きな音を立てると追いかけてきます。敵がいない時でも慎重に行動しなければならず、とてもハラハラさせられます。

ジャンル:ゴシックサイコホラー
対応機種:プレイステーション2
発売・開発元:カプコン
発売日:2005年4月21日
価格:6,800円

 

06.SILENT HILL


コナミから発売のホラーアドベンチャー。本作はとにかく視界が悪い。霧が濃かったり、夜だったりして周囲の状況がよく把握できません。「周囲が見えない」ことがとても怖いんです。アイテムとしてラジオがあるのですが、ラジオからノイズが流れてくると敵が近くにいると分かるんですが、そのノイズもとても不気味。建物の内部も妙に生活感があり、それが更に怖さを感じます。

ジャンル:ホラーアドベンチャー
対応機種:プレイステーション
発売・開発元:コナミ
発売日:1999年3月4日
価格:6,090円

 

07.ZombiU(Wii U)


ユービーアイソフトから発売のサバイバルホラーアクション。Wii Uのためだけに開発されたゲーム。特徴はもちろんWiiuパッドでしょう。自分の周囲をスキャンして索敵したり、アイテムを選んで使ったり、狙撃のスコープとして使ったりとWiiuパッドをフル活用します。Wii U、というか任天堂には珍しく、グロテスク表現が過激め。

ジャンル:サバイバルホラーアクション
対応機種:Wii U
発売・開発元:ユービーアイソフト
発売日:2012年12月8日
価格:7,180円(税5%込)

 

08.Echo Night(PS)


フロム・ソフトウェアより発売のホラーアドベンチャー。舞台である船内の謎を解き、未練を残した霊達の願いを叶えることで魂を浄化する、というゲーム。逃げたり倒したり、ではなく霊達の願いを叶え、魂を救済するというのが最大の特徴です。なかなか珍しいですね。ちょっと切なく物悲しいホラーゲー。

ジャンル:ホラーアドベンチャー
対応機種:プレイステーション
発売・開発元:フロム・ソフトウェア
発売日:1998年8月13日
価格:5,800円(税別)

 

09.忌火起草(PS3,Wii,iOS)


チュンソフトより発売されたサウンドノベルゲーム。ムービー、実写映像、CGで構成されています。セリフは音声で出力され、ドルビープロロジックⅡによる擬似5.1chに対応していて背後から声が聞こえる演出も…定番のピンクのしおりも健在。

ジャンル:サウンドノベル、ホラー
対応機種:PlayStation 3、Wii(解明編)、iOS(iPhone/iPod touch/iPad)
発売・開発元:セガ、チュンソフト
発売日:【PS3】2007年10月25日、【Wii】2008年8月7日、【iOS】2012年2月29日
価格:【PS3】8,208円(税込)、【Wii】5,800円(税抜)、【iOS】2,200円(税込)

 

10.ルイージマンション(GC)


任天堂から発売のゲームキューブ用ホラーゲーム。一応ホラーゲーの括りではありますが、怖さはほとんどなく、どちらかというとコミカルなアクションアドベンチャーです。最大の特徴はルイージが初の主役になったゲーム、という所。よかったね、ルイージ。

ジャンル:アクションアドベンチャー
対応機種:ニンテンドーゲームキューブ
発売・開発元:任天堂
発売日:2001年9月14日
価格:7,140円(税込)

 

この記事書いててちょっと涼しくなりました…ホラーゲー好きな人には定番のラインナップだったかもしれません。苦手な人も暑い日には思い切ってプレイしてみてはいかがでしょうか?責任は持てませんが…