game_cube_05

今から15年前に任天堂より発売された家庭用ゲーム機、『ゲームキューブ』。その名前の通りキューブ状のデザインがなんともオシャレ。また、任天堂のゲーム機としては初の光ディスクを採用したハードです。

ゲームキューブと聞いて「あぁ、あの頑丈なヤツね」と思ったあなた。間違いではありませんが、もちろんそれだけではないのです。

今回は名機ゲームキューブの魅力を語っていきたいと思います。

 

 

01.名作・話題作のソフトが多い


game_cube_03

game_cube_04

ゲームキューブは実は名作ソフトや話題作ソフトが多いのが特徴の一つ。ルイージが初の主役を務める『ルイージマンション』、独特のゲーム性で話題を呼んだ『ピクミン』、シリーズの原点回帰を狙った『バイオハザード0』、新システムのポンプアクションが楽しい『スーパーマリオサンシャイン』、初心者から上級者まで楽しめるようになった『ファイアーエムブレム 蒼炎の軌跡』、数々の賞を受賞したシリーズ屈指の作品『ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス』などなど…。

ゲームキューブ用に発売されたタイトル数は284種類と決して多くはありませんが、名作率は結構高めだと思います。

 

 

02.持ち運びが便利


Processed with VSCOcam with f1 preset

ゲームキューブの最大の特徴と言ってもいいのがゲーム機本体の背面につけられた「取っ手」。取っ手がついたゲーム機はおそらくゲームキューブだけでしょう。おかげで本体の持ち運びはとっても楽チン。

たったそれだけのために取っ手を付ける必要があるのか?と聞かれると困りますが…。

 

 

03.とにかく頑丈


ゲームキューブはとってもタフなゲーム機です。基本的に精密機器に衝撃を与えるのはご法度ですが、ゲームキューブはちょっとやそっとの衝撃ではビクともしません。

それどころかハンマーで殴ろうが二階から落とそうが車で引きずろうが何事もなく動作するという信じ難い頑丈さを持っています(絶対に真似はしないように)。他社のハードではこうはいかないでしょう。

そういえばゲームボーイも爆撃を受けても正常に作動するという話が以前ありましたね。任天堂、おそるべし…。

 

 

惜しむらくはNINTENDO64との互換性がなかったことでしょうか。もしも互換性があれば歴史は変わっていたのかもしれません。まぁ、ゲームキューブから光ディスクを採用したわけですから仕方ないのかもしれませんが。

その愛らしい見た目や『ゲームキューブ』というネーミングはまるで「これがゲーム機のあるべき姿だ」と主張しているかのよう。

とても素敵なマシンですね。ゲームキューブは。