tomorrow_children_01

ソニー・インタラクティブエンタテインメントからソーシャルアクションゲーム『The Tomorrow Children(トゥモロー チルドレン)』が2016年9月7日(水)にPS4で配信が予決定しました。配信を目前に控えている今、公開されている情報を紹介したいと思います。

 

 

『The Tomorrow Childre(トゥモロー チルドレン)』って?


『The Tomorrow Childre(トゥモロー チルドレン)』は、SIE JAPAN Studioと気鋭の開発スタジオ・Q-Games(キュー・ゲームス)のタッグが送り出すオンライン専用ゲームです。プレイヤーは滅亡の危機にある世界で、人類を復活させるために労働活動を行っていきます。全世界のプレイヤーと共に「人類の復活」という一つの目的に向かって労働していくというソーシャルアクションゲームです。

 

 

ゲームの特徴


■独特な一体感をかもし出す”ソーシャルアクション”
プレイヤー自身以外にも、全世界のプレイヤーが”プロジェクションクローン”として同じ時間、同じ空間の中で共に労働活動を行っていて、プレイヤー全ての行動はネットワークを介して、「町」全体に影響していきます。しかし、存在している他のプレイヤーの姿は特定のアクションを起こしている時にしか見えず、従来のネットワークゲームのようにチャットなどの直接的なコミュニケーションもできません。プレイヤー同士のかすかな息吹を感じながら、お互いの行動が自然と作用し合っていく。そんなそこはかとない不思議な繋がりが本作の魅力の一つです。

tomorrow_children_05

 

■社会の一員としてすべきことを見つけていく”労働エンタテインメント”
プレイヤーたちは「町」の発展という一つの目的に向かって、様々な労働活動を行っていきます。労働活動は多岐にわたるので、「町」の状況や他のプレイヤーの行動を観察し、「町」の発展のためには今何が必要なのかを判断し、社会の一員としてそれぞれの役割を見つけましょう。

tomorrow_children_06

 

■”ロシア・アバンギャルド”な世界観&温かみのあるグラフィック
本作は「“マトリョーシカ”を集めて人類を復活させる」「“外貨”を使った秘密の取引」といったゲームシステムから、キャラクターの衣装や小物などの美術デザインに至るまで、冷戦当時の社会主義国家をベースにゲーム全体が構成されています。クールで謎めいた”ロシア・アバンギャルド”な世界観の中、物語の背景を豊かに想像しながらゲームを楽しむことができます。
また、“カスケード型ボクセルコーンレイトレーシング”という独自の照明表現により、レトロな雰囲気ただようグラフィックで、温かみのある世界観を描き出しています。

tomorrow_children_07

 

 

ストーリー


1967年、ある国家が秘密裏に遂行していた科学実験が失敗。その結果、人の肉体と意識が溶けて固まった真っ白い物体“ボイド”が地球上を覆い、自然・文明・生命体といったあらゆるものを消し去ってしまった。わずかに生き残った人類は少女の姿をした生命体“プロジェクションクローン”を開発し、この生命体に文明再建の運命を託すのであった。

 

■プロジェクションクローン
プレイヤーは少女の姿をした生命体”プロジェクションクローン”として文明再建のために、国家から指令される様々な労働活動を行っていき、”ボイド”に覆われた世界で、滅亡の危機にある世界から人類を復活させていきます。

tomorrow_children_03

 

■ボイド
真っ白い物体“ボイド”で覆われた世界には「町」と「島」が存在します。「町」は労働活動の拠点となる場所で、「島」には「町」を維持・発展させるために必要な様々な“資源”と、人類を復活させるために重要な“マトリョーシカ”が眠っています。

tomorrow_children_04

 

 

タイトル:The Tomorrow Children(トゥモロー チルドレン)
ジャンル:ソーシャルアクション
開発・販売:PlayStation®4
リリース日:2016年9月7日(水)
価格:建国者パック:2,500円(税抜) 入植者版:基本プレイ無料(一部課金あり)
※入植者版は2016年秋配信予定です。

『The Tomorrow Children(トゥモロー チルドレン)』公式サイト:http://www.jp.playstation.com/software/title/jp9000cusa01242_000000000000000000.html