krobara_walkure_01

IDEA FACTORY INTERNATIONAL」のPlayStation4用ソフトの第一弾タイトル、『クロバラノワルキューレ』の発売まで、1週間を切りました。本作はキャラクターデザインに藤島 康介氏、シナリオには実弥島 巧氏など豪華クリエイター迎えた正統派RPGになっています。

 

キメラウイルスとの壮絶な戦い


生物を「キメラ」と呼ばれる異形の怪物へと変えてしまう未知のウイルス「キメラウイルス」によってパンデミックが引き起こされた世界が舞台。「キメラ」に対抗する為の部隊、「特殊部隊ワルキューレ」の新人隊長「白峰アサヒ」と個性豊かな仲間たちのストーリーが描かれています。

 

-ストーリー-
通称【ブラックガーネット】と呼ばれる隕石から発見された未知のウイルス──
それは感染者に人を超越した知能と強大な力を与えるかわりに精神と肉体を蝕み、やがて人ならざる者【キメラ】へと作り変えてしまうものだった。
【キメラウイルス】と名付けられたこのウイルスにより世界的パンデミックが引き起こされ、人類は総人口の3%を失う事となる。
この差し迫った脅威に対抗する為に組織された特務機関ACID (Anti Chimera Intercept Division)は【特殊部隊ワルキューレ】を創設する。
新設されたこの特殊部隊ワルキューレの部隊長として「白峰アサヒ」が抜擢され着任する。
アサヒは基地へ向かう最中にキメラの急襲を受けるが、駆けつけた隊員の助けを借りて撃退に成功し、結果としてこの突発的な初戦で部隊の有用性及びアサヒの能力が証明されることになった。
勝利に沸くアサヒと隊員たち。しかし勝利の先に過酷な運命が待ち受けていることを、このときのアサヒたちは知る由もなかった……

 

krobara_walkure_02

krobara_walkure_03

krobara_walkure_04

krobara_walkure_06

 

斬新で魅力的なゲームシステム


-戦術的コマンドバトル-
行動順がリアルタイムで変動し、緊張感のあるバトルが楽しめるコマンドバトルシステム「タクティカル・フルイド・バトル・システム」を採用。常に変化する行動順により、敵味方入り乱れたバトルが展開する事も。「コンボ」、「チャージ」、「アーツ」といった、コマンドを駆使し、戦術的に戦闘を行っていきます。

-精神を蝕む、対キメラ兵器-
「ワルキューレ」というコードネームを与えられた対キメラ用戦術兵器、「T.C.S」。白峰アサヒおよび、特殊部隊ワルキューレの面々は「T.C.S」を用いてキメラと戦います。T・C・Sはシステムによって認証された者と本体をプラグで接続することで使用可能となります。このとき、同時に増強剤が投与され肉体的な強化を行うことで、鋼鉄の塊であるT・C・Sを通常の武器のように取り扱えるようになります。しかし、投薬による体への負担が非常に大きく、長時間の使用は禁止となっています。

-面談システム-
対キメラ用戦術兵器、「T.C.S」は使用者に極度の負担をかけてしまいます。その結果、副作用として「人格分裂」をもたらしてしまいます。人格分裂による人格の変化と「キメラ化」により凶暴化した感染者の人格変化が非常に似ており、ワルキューレ使用者の中にキメラ予備軍が潜んでいた場合、キメラ化の判別がつきにくく、部隊を危険に晒してしまいます。その為、隊員と定期的に「面談」を行い、キメラ化の兆候を見つけ出さなければなりません。

-昼夜の概念-
キメラウイルスは太陽光を浴びると不活性化するという特徴があります。その為、昼はキメラの活動も抑えられますが、夜になるとウイルスが活性化し、凶暴性が増してしまいます。また、昼夜だけでなく、月齢の影響も受けるため、特定の月齢では特に注意が必要になります。

krobara_walkure_08

 

斬新なゲームシステム、とても面白そうですね。キャラクターの人格が変わったり、隊員たちとの面談システムなど、個人的にとてもツボです。発売まであと6日、待ち遠しいです。

 

タイトル:クロバラノワルキューレ
ジャンル:RPG
対応機種:PS4
リリース日:2016年7月21日
価格:6,912円 (税込)

『クロバラノワルキューレ』公式サイト:http://www.compileheart.com/brv/