12seiza_ff_01

私たちの身近な12星座占い。もちろん100%当たるわけではありませんが、自分の星座の性格診断を見て「こんな性格なんだ」とか「こういうところ結構当たっているかも」と楽しむ人も多いと思います。それではゲームキャラクターの場合はどうでしょうか?今回はファイナルファンタジーに登場し誕生日が設定されているキャラにスポットを当てて、どれくらいイメージと合っているのか、調べてみました。

 

 

01.おひつじ座


■ガウ(FF6)

12seiza_ff_13

出典 ©2013-2016 prema-ja

 

FF6に登場するキャラクターの「ガウ」。4月5日生まれのおひつじ座です。幼い頃に父親に捨てられてモンスターに混ざって育ったという壮絶な過去を持つ野生児です。

おひつじ座の基本性格は、旺盛な闘争心を持っており人一倍負けず嫌い。パワフルでダイナミックな実行力、新しいことを始めるエネルギーに満ち溢れているという、まさに野生児で「あばれる」や「とびこむ」のが得意な彼にピッタリです!

また、周りを引っ張っていく力があるので、意外と経営者などに向いているのかもしれません…

恋愛に関しては、新鮮な出会いから得られる興奮を求めており、追われるよりも追いかけたいタイプ。まさに肉食系男子。

 

結論:野生児らしく旺盛な闘争心と持ち、パワフルでエネルギッシュ。経営者に向いているという意外な一面も。恋愛に関しても肉食系タイプ。

 

 

02.おうし座


■ ティファ・ロックハート(FF7)

12seiza_ff_12

出典 lynlynlora.tumblr.com

 

FF7に登場しクラウドの幼馴染の「ティファ・ロックハート」。彼女は5月3日生まれのおうし座です。バー「セブンスヘブン」を経営する傍ら、反神羅組織「アバランチ」に所属し、レジスタンス活動に加わっています。

おうし座である彼女の基本性格は、我慢強く、物事をじっくりと進めていける忍耐力の持ち主。しっかり者ではあるものの、外敵には鋭敏に反応するタイプなので、活発な見た目とは裏腹に実際は堅実で用心深い性格なのかもしれません。彼女の性格が奥手なのもその堅実さからきているのでしょうか。

恋愛面ではのんびり、ゆったりとした恋愛を好み、堅苦しいお付き合いは実はニガテ。残念ながら彼女の結婚願望はあまり高くないでしょう。

 

結論:しっかり者で我慢強い反面、用心深く奥手な性格。のびのびした恋愛を好み、結婚願望はあまり強くない。

 

 

03.ふたご座


■ストラゴス・マゴス(FF6)

出典 Creative Uncut

 

FF6に登場する「ストラゴス・マゴス」。彼は6月13日生まれのふたご座です。モヒカンに立派なヒゲを蓄えた70歳の青魔道士です。語尾に「ゾイ」をつけるお茶目なところも。

ふたご座の基本性格は、心の中に常に相反する二つの考えを持っているところです。また、臨機応変で弁舌力と説得力があり策略家。何事にもやり手でマルチな才能を持っており多方面で活躍できたりと、まさに様々な技をラーニングできる青魔道士の彼に当てはまります。

恋愛面ではプライドが高く、素直に恋ができないタイプ。相性が良いのは知性的で細かいところまで目が届く、控えめな人らしいのですが…もう、おじいちゃんだしなぁ…

 

結論:青魔道士らしく何事にもやり手でマルチな才能を持つ。恋愛はプライドが高く、素直に恋ができないタイプ。

 

 

04.かに座


■アグリアス・オークス(FFT)

出典 images.wikia.com

 

FFTに登場する「アグリアス・オークス」。彼女は6月22日生まれのかに座です。王都ルザリアの近衛騎士団に所属する女騎士です。

かに座の基本性格は、我が子を守り家族を保護しようとする本能的な意識、防御本能が人一倍強く、自分の身内を守ろうとします。アグリアス自身もオヴェリア王女を命がけで守り護衛する姿は、まさに蟹座の本能と言えるでしょう。

気になるアグリアスの恋愛傾向は、繊細でロマンチック。家庭ではとても愛情深く家族に尽くすタイプだそうです。あの生真面目で男勝りなアグリアスにそんな可愛らしい一面があると思うと、なんとも言えませんね…

 

結論:近衛騎士らしく本能的に自分の身内を守ろうとする。それに反して恋愛では繊細でロマンチック。

 

 

05.しし座


■クラウド・ストライフ(FF7)

12seiza_ff_08

 

FF7の主人公である「クラウド・ストライフ」。8月11日生まれのしし座です。「興味ないね」が口癖のクールガイ。

しし座の基本性格は、身振り手振りを交えて大声でしゃべり、良くも悪くも目立つタイプ。自分の道を突き進む理想主義者でプライドが高く、自分の理想に近づこうとする努力家です。一見してクラウドのイメージと合わないような…表には出しませんが、実は彼もこういう熱い性格なのかもしれません。

恋愛面ではどうでしょうか?しし座の恋愛感は、明るく派手で、情熱的でドラマチック。周囲が注目する目立つ交際をしたがります。情熱の赴くまま、相手の自分のペースに巻き込んでいくのが特徴。
クラウド、マジか…

 

結論:意外にも自分の道を突き進む理想主義者で努力家。情熱的でドラマチックな目立つ交際が好き。

 

 

06.おとめ座


■スコール・レオンハート(FF8)

12seiza_ff_07

FF8の主人公の「スコール・レオンハート」。8月23日生まれのおとめ座です(てっきり獅子座かと思ってた…)。特殊部隊SeeDに属する17歳の青年。

おとめ座の基本性格は、細やかな気遣いができ、親切で思いやりがあり、責任感が強く律儀なタイプで人道的で常に人の役に立ちたいと望んでいます。スコールも無表情で一見クールに見えますが、他人をさりげなく助けたりねぎらいの言葉をかけたりと、思いやりのある面が見受けられます。

気になる恋愛面は、異性への好奇心は人並み以上に強く、ドロドロとした関係よりも周囲の人が皆知っている公然とした交際を望みます。さすがにバカップルと言われるだけありますね。

 

結論:思いやりがあり、律儀なタイプ。異性への好奇心が強く、バカップルと言われるだけありオープンな交際を望む。

 

 

07.てんびん座


■ティナ・ブランフォード(FF6)

12seiza_ff_09

 

FF6に登場する少女「ティナ・ブランフォード」。10月18日生まれのてんびん座です。生まれながにして魔導の力を持つ謎の少女。FF6の物語の中心的存在でもあります。

てんびん座の基本性格は、第一印象がよく、品位を重んじ感情を露骨に表すことがありません。ティナも「操りの輪」により自我を封じられており「感情を露骨に表すことない」という点に共通するのではないでしょうか(性格ではありませんが…)。また、争いよりも妥協を選ぶ平和主義者です。

てんびん座の恋愛感は、変化を好み、ころころ変化・変身を繰り返します。自由な恋愛を求め、結婚にも特にこだわりませんが、不倫の恋はしないのがてんびん座。節度と品位を失うことはありません。きっとティナも不倫に手を染めることはないでしょう。あぁ、よかった…!

 

結論:平和主義者で品位を重んじ、感情を表すことは少ない。自由な恋愛を求めるが、節度と品位のないことは決してしない。

 

 

08.さそり座


■シドルファス・オルランドゥ(FFT)

出典 images.wikia.com

 

FFTに登場する「シドルファス・オルランドゥ」、別名雷神シド。11月10日生まれのさそり座です。南天騎士団団長であり、作中最強キャラ候補。

さそり座の基本性格は、無口で控えめな性格ですが、内面には激しい情熱を秘めており、困難にも打ち勝つ忍耐強さとバイタリティを発揮します。まさに畏国最強の騎士にふさわしい性格と言えます。

恋愛面では、不思議な吸引力を持ち、魔性を秘めた愛。静かに深く潜行する秘密の恋愛を好みます。幻想的な官能の世界を強く好むというのがさそり座の特徴です。オルランドゥ伯らしい大人の恋愛。

 

結論:控えめな性格だが、困難に打ち勝つ忍耐強さとバイタリティを持つ。恋愛は幻想的な官能の世界を強く好む。

 

 

09.いて座


■ロック・コール(FF6)

出典 Video Games Artwork

 

FF6に登場するトレジャーハンターの「ロック・コール」。彼は11月24日生まれのいて座です。かつて、恋人を帝国の侵攻によって失ったという悲しい過去を持ちます。

いて座の基本性格は、明るく快活で冒険心に溢れており、行動力があります。これはトレジャーハンターである彼にピッタリではありませんか!また、楽天的で自由主義者な点においても、野原で昼寝が趣味な彼の性格に合っているような気がします。

恋愛に関して、いて座は次から次へとパートナーが変わる愛の狩人ですが、決して遊びではなくいつも真剣。相手を退屈させない新鮮なムード作りにも長けています。ロックもレイチェルを退屈させないように、色々と頑張ってたんでしょうね。

 

結論:トレジャーハンターらしく、明るく快活で冒険心に溢れている。恋愛も次から次へとパートナーが変わる愛の狩人。

 

 

10.やぎ座


■サイファー・アルマシー(FF8)

12seiza_ff_04

出典 Creative Uncut

 

FF8に登場する「サイファー・アルマシー」。12月22日生まれのやぎ座です。主人公スコールのライバルで「バラムガーデン」の問題児です。

やぎ座の基本性格は、用心深く、危ないものには近付かない。責任感が強く、仕事は課題はきっちりやり遂げるタイプです。自分の進むべき道をじっくりと見極め、しっかりと進んでいきます。サイファーも暴走こそするものの、自分の信念を持って行動していたりと当てはまる部分もなくはないかなと…

やぎ座の恋愛面については、素直で正直で、堅実。遅咲きの恋で、それも静かにゆっくりと身を結んでいくという恋愛傾向。しかも異性に対してはオクテで消極的。サイファーもオラついてますが、実はまだお付き合いしたことないのかも…

 

結論:責任感が強く、仕事は課題はきっちりやり遂げるタイプ。恋愛は意外とオクテで消極的。

 

 

11.みずがめ座


■エアリス・ゲインズブール(FF7)

出典 DeviantArt

 

FF7のヒロインである「エアリス・ゲインズブール」。彼女は2月7日生まれのみずがめ座です。ピンクのロングワンピに巻き毛が特徴的。

みずがめ座の基本性格は、常識的・日常的なことに興味を示さず、平凡な生き方を嫌います。常に創造的で、新しい物事を始めたがる性格です。エアリスの一見するとおとなしそうですが、明るく大胆で積極的なのは、普段の花売りという変わり映えのしない毎日の反動からでしょうか?

恋愛面は、早熟で行動力のある人、会話上手な人、演技力のある人に惹かれるそうです。彼女がクラウドに好意を持ったのも女装という彼の演技の才能に惹かれるものがあったのかもしれません。

 

結論:平凡な生き方を嫌い、常に新しい事を始めたがる性格。行動力のある人、演技力のある人に惹かれるタイプ。

 

 

12.うお座


■リノア・ハーティリー(FF8)

12seiza_ff_02

出典 Creative Uncut

 

FF8のヒロインの「リノア・ハーティリー」。3月3日生まれのうお座です。反ガルバディアレジスタンス組織「森のフクロウ」の中心メンバーです。

うお座の基本性格は、ロマンチストで感性豊か、複雑で多様な性格の持ち主。喜怒哀楽の落差は激しいですが、感情を表に出すことは少ないでしょう。リノアも「ハグハグ」や「おハロー」などの素敵な迷言を残しています。これは感性が豊かな人でないと中々出て来ないでしょう。

うお座の恋愛面は、ズバリ、愛がすべてです。身も心も投げ出すような献身的な愛情こそがうお座の特徴です。まさにリノアはその典型と言えるでしょう。あの自分の殻に閉じこもっていた難攻不落のスコールの心を開いたのですから。

 

結論:ロマンチストで感性豊か。恋愛については愛がすべて。

 

 

驚いたことに星座の性格がキャラクターのイメージ通りのケースが多いという結果になりました。制作側はそこまで考えて設定したのでしょうか?イメージと合っていないキャラクターも「実はこういう一面があるんじゃ…」と色々想像するのも楽しいですね。