pokemon_go_01

ようやく来ましたね。待ちに待った『Pokémon GO』。世界中を席巻している噂のゲームアプリはいつ出るかと、昨日までしょっちゅうチェックしていました。そして今日からやっと遊べる!!というわけで、早速プレイしてみました。

 

『Pokémon GO』をひとしきりプレイ


リリースされると知るや否や、速攻ダウンロード。まずはキャラメイクとキャラクターネームを決めます。ボクはキャラに名前を付けるときはあまりこだわらないタイプなので、「mogura」でいいや!と思いましたが、既に登録済み。いるんだ、「mogura」。なので「mogurayama」というキャラクターネームに変更。キャラメイクは大して変わり映えしないので、こちらも適当に。
そしてようやくスタート。まずは「ヒトカゲ」「フシギダネ」「ゼニガメ」の中から1匹選ぶことになるので、お気に入りの「ゼニガメ」をゲットしました。念願の初ゲットです。「よっしゃぁ、これからガンガン捕まえていくぞぉ」と意気揚々と外へGO。

pokemon_go_play_01

 

世界中で問題が起きていることに合点がいく


最近よく『Pokémon GO』がらみの問題が多々起きているようですが、なるほど、合点が行きました。単純に面白い。ついついスマホを見ながらポケモンやポケストップを探したくなる気持ちが痛い程分かりました。もちろん、いい大人ですので歩きスマホなんて行為はしませんが。さらにポケストップですが、立ち入り禁止箇所(工事中の場所など)の中にも存在しており、ボクの住んでいるところにもありました。「確かに、この中に入っていくヤツもいるだろうなぁ」と、なぜ問題が色々起きているのか、理由が分かった気がします。

pokemon_go_play_02

 

『Pokémon GO』の意外な”敵”


イングレスの時からそうかもしれませんが、やはり、おじさんゲーマー(しかも超インドアタイプの)にとって、外を出歩くというのは少々ツラいものがあります。ゲーム内でポケモンのタマゴをゲットできるのですが、タマゴを孵化させるのに数キロ歩かなければなりません。ボクも2キロ程歩いてタマゴを孵化させたのですが、もうクタクタでした(しかも出てきたポケモンはゼニガメ…)。もっと体力をつけなければなりませんね。
そしてもう一つの”敵”が、周りの目。先程、いい大人だから歩きスマホしない、なんて偉そうなこと書きましたが、正直、周りの目が気になるというのが大きかったです。スマホ見ながら歩いていると周りに「あいつ絶対Pokémon GOやってるよ〜。」と思われてそうで…実際ボクもスマホを見ながら歩いている人を見ると「あの人ひょっとして…」とついつい思ってしまいました。

pokemon_go_play_03

 

プレイしてみて、いろんな人が注意を促している理由が改めて分かりました。確かにマナーを守れないと非常に危険ですし、周りも迷惑。しかし逆に言えばそれだけ夢中になるほど面白いゲームアプリなんだと思いました。せっかくだからボクもコンプリート目指そうかなぁ。

 

-ゲーム概要-
タイトル:Pokémon GO
対応環境:【iOS】 対応OSバージョン:iOS 8 – 9  対応端末:iPhone® 5/5c/5s/SE/6/6s/6 Plus/6s Plus
:【Android】 対応OSバージョン:Android 4.4 – 6.0 対応端末:Android 4.4以上 RAM2GB以上搭載の端末
発売元:Niantic, Inc.
開発元:Niantic, Inc.

『Pokémon GO』公式サイト:http://www.pokemongo.jp