r_color_01

2016年6月より、“色のプロ”に向けた高難易度の無料色当てゲームアプリ『r.color』の提供がr.c.o.株式会社(所在地:東京都新宿、代表取締役:富山隆太)より開始しました。
このアプリはデザイナー、スタイリスト、シェフやネイリストなどのいわゆる「色のプロ」が、色を見る目を調整するアプリなのだそうです。

 

実際に『r.color』をプレイ


image-4

ゲームの種類は7種類(iPhone版は7種類、Android版は6種類だそうです)あり、最初は1種類しか選べませんが、50点以上のスコアをとるとアンロックされて、次のゲームが遊べるようになります。
ゲームの種類は
・MATCHING(お題のものと同じ色当て)
・・WEEL(色相環になるよう並び替える)
・GRADATION(グラデーションになるよう並び替える)
・COMPLEMENT(お題の色の補色になる色当て)
・BRIGHTNESS(明度の順番に並び替える)
・VARIANCE(写真の明度、彩度の加工具合を当てる)
・SCHEMES(お題のイラストで使用されている色を当てる)

image-5

というわけで実際にプレイしてみました。ゲーム自体はシンプルでオシャレ。洗練されている印象でした。仕事柄、色を見る力はあるはず…とわりと自信はあったんですが、正直惨敗でした。

 

色の奥深さをあらためて思い知る


image-6

とにかく難しい。最初こそ高得点がとれたので、「やっぱオレってスゴいんじゃね!?」と調子に乗ってたんですが、徐々に点数が下がり続け、ついに「VARIANCE」では26点という、なんともしょっぱい結果に…

ですが、最初はぱっとしなかった点数もプレイを重ねるごとに得点が伸びていくので、「よし、もう一回やってみよっかな」という気にさせてくれます。シンプルが故の中毒性の高さ、といった感じです。

とにかく「どうだ、色を扱う仕事って大変なんだぞ。プロはスゲーだろ!?」と言わんばかりの難しさ。その媚びない姿勢がとてもいい。いや〜プロってスゴいです。これでいきなり100点とれる人はマジでスゴいです。

 

問題次第ではあっという間にゲームオーバーになってしまうんですが、ついつい再度挑戦したくなります。これなら遊びながら自然と色を見る力もついてくるんじゃないでしょうか?ちょっと時間が空いた時、ヒマな時にサクッとできるのもポイントです。

 

・iPhone版ダウンロード
https://itunes.apple.com/jp/app/r.color/id1122020520

・Android版ダウンロード
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.rco.android.game.rcolor※どちらも無料。